不動産の査定は複数依頼

数年前に購入した自宅を、転勤を切っ掛けに売却する事にしました。

不動産を売却した経験は、今までに無かったので、業者選びから慎重に進める事にしました。
まずは、数件の不動産業者に自宅の査定に来てもらう事にしたのですが、自宅を購入したハウスメーカーに相談して、何社かをピックアップしました。

ハウスメーカーと深い信頼関係がある地元の個人業者と、大手メーカー、地域で大きな広告を出している業者の3社に査定してもらう事にしました。

査定日時の打ち合わせや、提出する資料など、それぞれ方法が違い、戸惑う事が多かったです。

自宅での査定時間も、事前に外観写真を撮影していた業者や、
室内に入るなり値段交渉をはじめる業者など、それぞれに個性がありました。

査定額にも幅が大きく、また売却契約までのサポートも様々でした。

顧客数の多さや、イベント開催などの実績を踏まえて、大手メーカーと売買契約を結びましたが、
ハウスメーカーから紹介された個人業者の方は、色々なアドバイスをしてくださり、誠実さが伝わってきました。

不慣れな事の連続で、当初は不安ばかりが募っていましたが、
複数の業者を比較した事により、不動産への理解を深めながら契約を勧める事ができました。

自分の代からスタートするなら賃貸派

親から受け継ぐような不動産がある場合は別ですが、そういったものが何もなく、住まいは自分たち夫婦でどうにかしていくものということになると賃貸で十分かな、と思います。
実際に、現在は賃貸で暮らしていまして、子どもの小学校入学までにマイホーム購入も視野に入れつつ物件を探したりもしていましたが、35年ローンを組んでというプランを見せられると月々の支払いが賃貸の家賃よりうんと安くなりますので、家を買ってしまう方が生活ラクなんじゃないの?という感じがします。

ただ、買ってしまうと、自分たちの財産として残るという利点もありますが、ローンを終えるまでの35年間、天災などに合わないとも限りまわせんし、もし合った場合も全額保健が下りるとも限りません。実際に、震災の時など半壊状態のお宅などは再建しようにも保険だけでは金銭的に不足し、まだローンが残っているのにさらにローンを組んで二重ローンで再建することになった、という話も聞きますし、私の知人宅は阪神淡路大震災で家の1階部分1部屋が使えくなるほどの被害を受け、住める状態ではなくなったものの、半壊という認定しか下りなかったので、再建費用の補助も少なく、それなら仕方がないと別の場所に家を建て直していました。その方は経済的に余裕のあるお宅だったのでそのようなことができますが、わが家で二重ローンなどもってのほか。

また、土地は変わらず自分のものになりますが、建物部分はどうしても経年劣化します。うちの実家も築20年で外装の塗り替えをしましたが、費用が130万ほどだったと聞きますし、主人の実家は同じく築20年で屋根の張替(雪が降る地域なので)をしましたが、費用が350万でした。とても高額です。
結局、35年ローンを組んでいても間でさらに出費が必要になるのなら、賃貸の費用と変わらないのかな、という気になります。
賃貸の場合は、経年劣化が気になるのなら新しい築浅物件に引っ越しすればいいだけですし、保証金などかかると言ってもせいぜい数十万円程度。

水回り、給湯関係の劣化も自前で治す必要もなく、地震保険などはマンションのオーナーがかけてくれていますし、固定資産税なども支払う必要なしです。天災が起きて建物が被害にあっても修繕費もオーナー持ちですから、何かとキラクで良いです。
その分、一生家賃がかかりますが、いずれ持ち家があっても高齢になれば施設などに入る時代ですからね。高齢になった時の出費に大差はないかと考えます。

持ち家派か賃貸派、私は賃貸派です。

私は持ち家で育ってきたので、結婚さればもちろん持ち家を買おうと思っていました。
しかしいざ結婚をしてみて、その意見が変わりました。
持ち家派から賃貸派に変わった大きな理由としては“災害”の多さからです。

私が生まれ育ったところも現在住んでいるところも海や山が特別近い訳ではないので、大きな被害を受けることはないと思います。しかし最近の災害では、雨が降り続いた事により川の氾濫で家が水に浸かってしまうという事も少なくありません。
そういった被害に1度でもあたれば…持ち家にかかる修理や掃除の費用が大きいと感じ持ち家を持つ事に抵抗を感じました。
賃貸であれば基本的な修理費用は、マンションの管理会社が支払ってくれるという点、また修理点がひどい場合には引っ越す事ができる、というのは私にとって大きなポイントとなっています。
また持ち家だと庭や廊下など、部屋以外の掃除や管理する場所が多い事も気になります。

実際共働きとなれば掃除にかけれる時間も限られてきます。そうなれば持ち家で庭の手入れなどは、時間を大きく使いすぎるのが難点です。
あと持ち家ではない賃貸の気になる点といえば騒音問題。
賃貸だと最上階に住まない限りは階上の生活音は多少気になります。ひどい住人の方だと生活の支障をきたすかもしれません。
でも現在、隣人間の騒音トラブルでの事件も起きておりそういった点では持ち家だから賃貸だからと、関係なく騒音問題は出てくると思います。

では、そういった騒音トラブルが起きた時にどう対処するのか…
住人本人に抗議をすれば、事件に巻き込まれるかもしれないのでそれは避けたい。泣き寝入りになるかもしれませんが“自分達が引っ越す”というのが、最善の手段だと私は考えています。
しかし持ち家だとローンもあり、本当に最悪のレベルまでこないと引っ越すという事は考えられないと思います。
そうならないためにも、自分達の生活を守るために賃貸に住みたいと考えています。