小さくてシンプルな家

実家というものに縁の無かった人生ですが、やはりマイホームは未だに諦めきれない夢です。理想はまぁるい家が理想。かまくらみたいな白くてまあるい形。ホテルなどにもよく見られますね。冬はライトアップしてかまくら?に見えるようなあったかい光のもれるような家。かまくらみたいな家の周りは芝生など緑溢れるお庭。そのお庭の片隅にお風呂も露天風呂として設置出来たら素敵ですね。

 

ただ、雨が降っても入れるようにかまくらハウスから伸びた屋根(空が眺められる材質)と大きな窓もついてるとよいですね。浴室は全て白。床は暖かいタイプのカラッと湿気に強いものがよいです。カビが苦手なので。室内の色はメインのカラーは水色とグリーンの中間の壁色に真っ白い間仕切りだけある部屋が3つ。メインとなるリビングは10畳程度、通路を隔てて、向かい側に寝室と、クローゼット。リビングは何にも置きません。

 

テーブルのみ。リビングに繋がるキッチンこちらも、真っ白いキッチンが理想です。白いキッチンに赤や黄色のキッチングッズを揃えていきたいので、ベースはやはり白、又、お掃除しやすい、拭き取りやすい大理石のようなものが理想ですね。IHではなく、ごっつい五徳たいぷのキッチンがよいです。可能ならまぁるいピザ窯もついてるとよいですね。ピザだけじゃなく。パンも焼いたりして。

 

寝室だけ防音にしたいです。そして、シアタールームも兼ねて、映画観たり。ミュージックビデオ見ながら眠りにつけたら幸せです。寝室の窓は昔ながらの天窓のような窓つけたいです。星空も眺められるような。朝は自然な光で目を覚ます。何とも幸せを感じます。クローゼットは、元々ミニマムな生活が理想なので、あまり大きくなくて大丈夫です。

 

クローゼットだけは、棚を多めに作りたいですね。全ての収納がここ1箇所になるので。トイレもシンプルに収納もいりません。とにかく何にも置きたくない派なので。トイレ本体とペーパーホルダーくらいで。叶わないとは思っていても、夢を語るってとても良いものですね。幸せな気持ちになれました。ありがとうございました。


このページの先頭へ戻る